読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニート、ちぃ王のブログ

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニートです。為替相場の予想や私のトレード方法などを気ままに更新していきます。働かずに楽して生きていこう!

仕事の50%が人工機能・ロボットで代替可能になる!労働がなくなる時代がくる。

4月26日の利益⇒39,000円

 

こんばんは。

ちぃ王です。日本の労働における仕事の49%が人工機能・ロボットで代替可能になる事をご存じでしょうか?

 

ご存知の方は増えていきていると思いますが、ネットでのオークションや仕組みがここ数年で進み、PCだけでなくスマホがあれば誰でも気軽に売買ができる時代になりました。

 

単純に、ネットを活用することによって、人件費が削減できます。ということは、簡単な作業やデータ管理などは、これからますますPCが主流になっていくことで将来消えてしまう仕事が出てきます。

 

皆さんが当たり前のように今持っているスマホは、ここ5~6年ほど前の誕生で、その前はガラケーの携帯が主流でした。

 

私達のようにネットで稼ぐ人がゴロゴロ出てくるようになったのも、ここ10年での短いスパンです。

 

今まで普通の会社員と同じ給料だった人達が、月50万、月100万、それ以上を稼いでお金がこちらの方へ動いているということは、その分誰かのお金が少なくなっている、つまり貧困の差がじわじわと広がってきているということです。

 

これだけの早い勢いで時代は変化していくので、5年後、10年後の未来は目に見える変化が出てくるでしょう。

 

そうなる前に、いくらでも準備はできます。そこに早く気づいて、行動を起こすべきなのです。

 

・私は大丈夫!

・とりあえず正社員だから安心!

 

それはどこに根拠があるのでしょうか?貴方のの給料はどれだけ上がっていますか?

ボーナスはどれくらいありますか?大手企業でもリストラが始まっていることをご存知ですか?

 

あの時代をリードしていた東芝ですら、現在危険な状況です。

ネットで稼ぐ事は、やったもん勝ちです。

やればやった分だけ成果としてリターンが得られます。

 

いつまでも上がらない給料に文句を言っていても未来は変わらない。行動しなければ絶対に未来は変わらないことに気づいてください。

 

あなたの仕事が将来なくなるかもしれません。

ロボットで代替可能になる時代がすぐそこに来ています。

 

まずは行動を変えたいと思ったあなたは、私にLINEでメッセージをください。

 

私と明るい未来へ変えましょう!!!

 

☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆

あなたの収入、人生を大きく引き上げる最高のクオリティの無料LINEマガジンです。
LINE ID検索で追加する
@vhm3414j
スマホならワンクリックして追加できます!
https://line.me/R/ti/p/%40vhm3414j

※私のノウハウを無料でプレゼントしております。ぜひご覧ください。

☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆

 

(ちぃ王の今日のFX為替相場

 

東京午前の為替相場は、堅調な日経平均を背景に仲値まではリスク選好を意識して円が全面安となった。仏大統領選と朝鮮人民軍創建記念日という2つの懸念イベントを乗り越えたこと、米企業の好調な決算などで投資家がリスクを取りやすくなったことが株式市場を下支えしている。
 
ドル円はNY引け後に一瞬111円割れとなったが底堅さを確認。仲値前に111.39円まで上昇した。しかしながら、本邦輸出の売り(円買い)で上値を抑えられ、111.20円まで戻し、その後はもみあいとなった。

 

ユーロ円は121.87円まで上昇、ポンド円が143.01円と2月2日以来の143円台乗せとなったが、その後はドル円とともに20銭程度小緩んだ。


豪ドルは軟調地合い。豪1-3月期消費者物価指数(CPI)は前年比+2.1%と2014年7-9月期以来の2%台となった。だが、市場予想の+2.2%を若干下回ったことに市場は売りで反応。

 

豪ドル/ドルは0.7506ドル、朝方に84.03円の高値をつけた豪ドル円は83.49円まで売られ、その後も軟調に推移した。NZドル/ドルは0.6925ドル前後、NZドル円は77.00円近辺の本日安値圏での値動き。


ユーロドルはユーロ円の上昇とともに1.0945ドルまで買われたが、昨日のNY高値1.0950ドル手前で伸び悩み。ポンドドルは1.2840ドル近辺で小動きだった。

 

東京午後の為替相場は、リスク選好の円安地合いが変わらず。ドル円、クロス円ともに上値を伸ばす展開となった。

 

本日発表されるトランプ米大統領の税制改革法案に対しては、代替財源の確保についての不透明感は残りながらも、期待感からアジア株が全般的に強含んだ。日経平均も1カ月ぶりの高値圏で推移した。

ドル円は111.20円付近のもみ合いから、クロス円主導の円売りで111.43円の高値をつけたが、厚い売りが控える111.50円の手前で伸び悩んだ。ユーロ円は121.98円、ポンド円が143.04円と本日の高値を更新した。


午前にはCPI発表後に弱含んだ豪ドルだが、午後は下げ渋った。豪ドル/円は83.80円付近、豪ドル/ドルは0.7525ドル付近まで戻した。NZドル円は77円前半、NZドルドルが0.6925ドルを挟んで小動き。


ユーロドルはじり高でNY高値に並ぶ1.0950ドルをつけたが、オプション絡みの売りもあり伸び悩んだ。ポンドドルは東京時間では動意が薄く、1.2835ドル前後で推移した。