読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニート、ちぃ王のブログ

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニートです。為替相場の予想や私のトレード方法などを気ままに更新していきます。働かずに楽して生きていこう!

宝くじを買っても当選する確率は極めて低い!FXや株式に投資した方がハイリターンだ。

4月21日の利益⇒63,000円

 

こんばんは。

ちぃ王です。会社を解雇された私でも稼げた秘密を大公開!!

 

今月も昼間ゴロゴロしてばっかりだったのですが、

それでもお金はかなり稼げてFXや投資って本当にすごいですよね!!

 

こんな方法があることを知ることができたのは、必ず当たりがある宝くじを

引いた気分ですね(笑)

 

いや、まじで!!!

 

宝くじで確率の低い当たりを待っているより、高確率でお金が入ってくる方法を

知る方法を得た方が手っ取り早いですよね!

 

なんで、みんなあんなに当たらない宝くじばかり買うのか不思議です・・・。

私は宝くじを買った事がありません。

 

必ず当たる保証なんてないし、更に確率もめちゃくちゃ低いのに、

めっちゃ効率悪くないですか???

 

しかも、日本の当選金額は海外に比べてめちゃくちゃ低いです。

 

結構買い込む人も多いみたいだし。

 

無駄なものばかりに投資してないでもっと現実に目を向けてお金を使うところは自分にとって価値のあるものを手に入れていかないと、意味がありません!

 

私は、宝くじを買うよりFX・株などの投資をした方が遥かにリターンが大きいと思います。そっちの方にお金を使った方があなたにとって価値のあるものとなると思いますよ。

 

最近ではビットコインなどの仮想通貨もあります。

あなたがもし少しでも共感して頂けたのなら、私はあなたのお役に立てると思います。

 

私が月収100万円を突破し幸せを掴んだ方法をこちらで少しだけ公開しています。

 

☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆

あなたの収入、人生を大きく引き上げる最高のクオリティの無料LINEマガジンです。
LINE ID検索で追加する
@vhm3414j
スマホならワンクリックして追加できます!
https://line.me/R/ti/p/%40vhm3414j

☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆‥☆

 

(ちぃ王の今日の株式相場)

 

21日の日経平均は反発。欧米株高や円安進行を好感し、幅広い銘柄に買いが先行した。トランプ米政権の経済政策が動き出すとの期待が高まり、指数は終値で18600円台を回復し、4/11以来の高値水準。

 

三菱UFJFGなどの金融株を始め、鉄鋼株や公共株などやや出遅れ感の強い銘柄の上昇が目立った。また、レナウンストップ高となったほか、オハラや小松ウォールなど中小型株が物色された。

 

半面、東芝富士フイルムなどは安値圏で取引を終えたほか、良品計画ニトリHDなどは利益確定売りに押された。

東証1部の騰落銘柄数は値上がり1645/値下がり288と買いが優勢。証券会社のレポートを材料に急伸した銘柄が多く、旭硝子日本板硝子などガラスメーカーや、コマツ太平洋セメントなどインフラ関連が大きく上昇した。

 

株高局面で野村HDなど証券株も高い。東京エレクやSUMCOなど半導体関連も強い動きを見せた。ほか、利益の上振れ見通しと増配を発表したトーエネックや上方修正を発表した東邦アセチレンなどが値を飛ばした。

 

一方、安川電機が決算で大きく売られたことは市場の注目を集めた。3Q業績が伸び悩んだゲンキーが急落し、ドリコムも決算が売り材料となり大きく下げた。連日商いを集めていたenishは大幅安、ソレイジアは乱高下となり下落で終えた。

日経平均は6週ぶりに上昇。日本株が4月に入って動きが鈍かったのは、仏大統領選が大混戦ムードで不透明材料としてくすぶっていたところに、地政学リスクが高まり、不安が増幅されやすい地合いであったことが大きいと考える。

 

まだ仏大統領選の結果次第ではガラッと雰囲気が変わる可能性はある。ただし、今週、選挙直前の週を上昇で終えたことや、米国で税制改革期待が改めて浮上したことなどを鑑みると、ワーストシナリオ(反EU派のルペン氏とメランション氏の決選投票進出)さえ避けられれば、その後はいったん持ち直す可能性が高い。

この動き自体は買い戻しにすぎないかもしれないが、今のところ日本株が自国要因で買いを集めるような材料が少ないことも事実。

 

いつまで立っても届かない日経平均2万円を待つよりも、買い戻しなら買い戻しと割り切って、しっかりリバウンドを取りに行くのも有効な戦略。4月に入って21日までの騰落ワースト5セクターは、石油・石炭、海運、水産・農林、非鉄金属、鉱業。また、年初からのワースト5は、輸送用機器、鉱業、不動産、銀行、倉庫・運輸。

 

不動産や銀行などには足元で強含む動きも見られる。来週はこれら売り込まれたセクターに注目したい。