読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニート、ちぃ王のブログ

FXで年収1000万稼ぐ脱サラニートです。為替相場の予想や私のトレード方法などを気ままに更新していきます。働かずに楽して生きていこう!

あたながみんなと違う事ができなければ、一生貧乏人のままかもしれない!

FX為替相場予想

3月10日の利益⇒57,000円

 

こんばんは。

ちぃ王です。今日はお金を稼ぐために大切な事を言います。

 

あなたは、現在の収入に満足していますか?

みんなと同じでは、一生貧乏のままかもしれない!
あなたは、みんなと違うことをすることに抵抗はありますか?

 

お金が稼げる一番大切な事!

「お金を稼ぐことを第一に考えている」

これが最も重要です。

 

そして、お金を単純に稼ぐという事だけでなく、「資産を増やすこと」

資産とは、お金を自分の代わりに稼いでくれるもの。

 

ここに気がつけた人が、貧乏から抜けていきます。

 

(ちぃ王の来週のFX為替相場予想)

 

ドル円

弱含みを予想する。14-15日の米連邦公開市場委員会FOMC)での追加利上げは織り込み済みであり、15日に期限を迎える「2015年超党派予算法」、すなわち米国債務上限の引き上げ期限への警戒感から弱含みの展開だろう。

 

トランプ政権は4月から貿易不均衡是正に乗り出すことが警戒されており、対米貿易黒字1位の中国に対しては為替報告書での為替操作国への認定、2位の日本に対しては日米経済対話によりドル円の上限を設定する「トランプ・シーリング」が懸念されている。
ドル安シナリオはFOMCで追加利上げが見送られた場合となる。

 

FOMCの結果が発表される15日は米国債務上限の期限に加えて、トランプ政権が2018会計年度の予算教書を提出する日となっていることもリスク要因である。さらに、15日のオランダ総選挙でポピュリスト政党が躍進した場合、20日のユーロ圏財務相会合までの合意が目指されているギリシャ追加支援協議が不調に終わった場合、朝鮮半島での地政学リスクが高まった場合などが挙げられる。

 

ドル高のシナリオとしては、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長がさらなる追加利下げを示唆した場合、米国議会で債務上限の引き上げが承認された場合、ギリシャ追加支援協議がまとまった場合、オランダ総選挙でポピュリスト政党が敗北した場合などとなる。しかし、ドル円の上値は、3月の期末決算に向けた本邦機関投資家レパトリ(ドル建て資産売却・円買い)の円買いなどで限定的か。

~ユーロドル~

弱含みを予想する。3月15日のオランダ総選挙、4月のフランス大統領選挙、ギリシャ追加支援問題への警戒感が上値を抑える展開か。

 

オランダ総選挙ではポピュリスト政党が躍進する可能性が高まっており、フランス大統領選挙ではルペン国民戦線党首が決選投票に進む可能性があることで、ユーロの上値は政治リスクが抑えることになろう。7月に多額の国債利払いを控えているギリシャへの追加支援協議が難航していることも、ユーロの売り要因となる。


~ユーロ円~

オランダやフランスの政治リスクの回避、ギリシャ債務危機への警戒感、本邦機関投資家の3月決算に向けたレパトリ(ユーロ建て資産売却・円買い)などで伸び悩む展開を予想する。

 

~豪ドルドル~

米予算教書提出や米連邦公開市場委員会FOMC)が手がかりとなる。豪政策金利は過去最低水準で当面据え置かれる見通しであり、豪ドルはこの見通しを軸としつつ、円相場やドル相場に揺さぶられる展開となりそうだ。

7日に発表された豪準備銀行(RBA)理事会の声明文は前回の焼き直しで、変更は乏しかった。

 

~豪ドル円

昨年6月以降の反発局面が継続するだろうが、短期的な流れは淀んだままか。
メインイベントは15日に発表される予定の米予算教書である。トランプ政権の税制改革やインフラ投資が明確に示されることで実現に向けた道程を想像しやすくなる。

 

今後は各法案の行方や議会での審議状況など、トランプ相場はより明確なテーマに細分化されていくだろう。共和党執行部の統率力も試されそうだ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

期間限定で「年収1000万円以上稼げる、ちぃ王のトレードノウハウ」を無料公開しています。ブログでは書けない、ちぃ王の投資テクニック・ノウハウを公開しています。ネットで収入を得たい方、今の生活をより豊かにしたい方。

ぜひご登録ください。

こちらをクリック https://line.me/R/ti/p/%40vhm3414j

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~